工業部品部門
樹脂の種類
樹脂の種類
熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂

プラスチックには、ポリプロピレン・ABS・アクリルのような熱可塑性樹脂と、メラミン・フェノールのような熱硬化性樹脂に分かれます。

樹脂イメージ

熱可塑性樹脂
熱可塑性樹脂は熱を加えると変形しやすくなる樹脂で、分子は長い鎖のような形をしていて、加熱により成形できます。
プラスチックといえば熱可塑性樹脂のことを指して話をする場合が多いようです。
  • ABS樹脂、PP(ポリプロピレン)、PE(ポリエチレン)、
  • PS(ポリスチレン)、PMMA(アクリル)、
  • PET(ポリエチレンテレフタレート)、
  • PPE(ポリフェニレンエーテル)、
  • PA(ナイロン/ポリアミド)、PC(ポリカーボネイト)、
  • POM(ポリアセタール)、
  • PBT(ポリブチレンテレフタレート)、
  • PPS(ポリフェニレンサルファイド)、
  • LCP(液晶ポリマー)、フッ素樹脂、ウレタン樹脂、
  • エラストマー
熱硬化性樹脂
熱硬化性樹脂は熱を加えると硬くなる性質があります。硬化した後に加熱しても硬さは殆ど変わりません。
分子の形は硬化後は網状となり丈夫です。
  • PF(フェノール樹脂)
  • MF(メラミン)
  • FRP(ガラス繊維強化プラスチック)