工業部品部門

 OA機器、電子機器、車両部品、家電、事務機器などの幅広い産業分野に向けて、設計段階から
関わる事により、高い信頼性のある部品を提供しています。

新着情報

プラスチック成形を総合的にとらえる技術力

 OA機器、電子機器、車両部品、家電、事務機器などの幅広い産業分野に向けて、
設計段階から関わる事により、高い信頼性のある部品を提供しています。
射出成形、圧縮成形など、その製品に求められる機能にきめ細かく対応すること
ができる生産設備を持ち、大型成形品から小型精密機能部品まで、幅広いニーズ
にお応えします。
 また、より合理的で高効率の成形工場の実現に向けて、成形工程の高度な自動化
を推進するとともに、耐火式金型自動立体倉庫など、最新の設備の導入を図って
います。

技術紹介

1熱硬化性樹脂から熱可塑性樹脂まで
豊富な実績に裏付けされた、金型技術・成形技術

エラストマーから透明品、ガラス繊維入りのスーパーエンプラといった様々な樹脂の特性を熟知した、金型づくりとハイレベルな成形を実現しております。企画段階から、形状・樹脂選定・量産に関わる樹脂成形の総合的な、ご提案を得意としております。
2多品種少量生産の追求と、量産化への対応
少数単位でのオーダーにも対応可能な生産体制を実現し、大量生産にも24時間体制での対応を行っております。
3万全の品質保証
充実した検査・計測設備によるデータ管理と品質保証ラインで万全の品質保証体制を構築し、日々の品質管理を行っています。
43Dデータを駆使した製品立ち上げで、短納期に対応
流動解析シミュレーションや3Dデータによる金型設計・製作で、短納期での立ち上げのご要望にも、高い次元でお応えします。

受注・量産フロー

お客様

  • 信濃化学

製品企画

  • 量産生産技術支援(金型・成形・塗装・印刷・メッキ・スパッタリング・ASSY)

デザイン

  • スケッチ → 2D → 3Dモデリングデータ作成
  • CAE流動解析(形状・ファミリー取り・ゲート解析)
  • デザインイン(提案形状技術打ち合わせ)

機構設計

  • 製品機構設計支援・図面作成
  • 量産生産技術ノウハウ支援(樹脂選定・金型・成形性の問題を解消)

試作品

  • マスターモデル(3Dプリンタ・光造形・切削)
  • 真空注型(金型レス少量生産・磨き・塗装)
  • 簡易金型(採用樹脂による)

出図

  • 最終量産生産技術ノウハウ支援

金型手配

  • 金型製作(金型製作仕様書・進捗管理)

資材・2次加工手配

  • 成形材料(調色)
  • ASSY部材手配
  • 2次加工(塗装・印刷・めっき 他)

試作

  • 試作 … 成形性立会確認
  • ASSY・2次加工
  • 金型検定用データ測定・金型写真提出
  • QC工程表・成形条件表・作業手順書 作成

金型改善

  • 改善提案
  • 問題発生防止対策
  • 金型改造・メンテナンス

合格量産

  • 金型図面提出(組図・パーツ図)
  • 量産移管(QC工程表・成形条件表・成形ー検査作業手順書)

工程管理品質保証

  • 受注業務・発注業務・受入検査・成形・行程内検査・ASSY・二次加工
  • 最終出荷検査・包囲・発送
  • 定期金型メンテナンス

製品一覧

大型成形品

熱可塑性樹脂のみならず、熱硬化性樹脂の生産も行っています。また、製品の組み込み調整等の多工程の作業についてもお応えしています。

精密・機構部品

微細な歯車や小物部品等、精密部品に求められる”精度”を実現します。汎用樹脂からエンジニアプラスチックまで、幅広い樹脂成形を行っています。

車両部品

車両部品や家電部品に求められる”外観”を実現します。より厳しい品質要求にもお応えしています。

透明成形品

透明部品に求められる”クリア度”の高い製品を実現します。当社の得意な領域でもあり、お客様のコスト・納期の要求にもお応えしています。

ICフレーム巻取り用リール

Φ900・Φ750FRP巻取りリール

ICリードフレーム用クリーンルーム対応に決定打!全国10数社へ納入実施中。リードフレーム巻取りリールは従来、金属・紙・木製が多く使われていまいたが、発生する埃・割れ等、様々な不具合の解消を目的にユーザー様との共同開発により製品化されました。

  • ガラス繊維強化樹脂のため、耐衝撃性、耐クラック性、耐熱性に優れています。
  • 耐薬品性に優れ、ほとんどのメッキ液にも侵されません。
  • 着色が自由なため、在庫の識別管理が容易です。(指定色の場合は最小ロットに制限があります。)
  • 金属製に比べ軽量化されています。
  • ボードリールの様に、埃が出ないためリードフレームプレス加工時の不良が低減します。
  • 別料金により社名またはロゴマーク入れを承ります。
  • 幅(W)は特注にて御相談、受け賜わります(35ミリ~110ミリ)

Φ750リール

芯直径

重量

標準色

w=35

D=Φ470

約5.5kg

ライトブルー
グリーン

w=48

約5.7kg

w=72

約6.0kg

Φ900リール

芯直径

重量

標準色

w=50〜60

D=Φ470

約10kg

ライトブルー

w=70〜90

約11kg

w=100〜110

約12kg

3次元CAD/CAMを導入

プラスチックに求められる幅広いお客様のニーズを速やかにとらえ、高度な製品づくりでお応えします。
高精度NC工作機械による精密加工と合せ、3次元CAD/CAMを導入し現代の金型に求められる卓越した精度と品質を実現しています。

樹脂の種類

熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂

プラスチックには、ポリプロピレン・ABS・アクリルのような熱可塑性樹脂と、メラミン・フェノールのような熱硬化性樹脂に別れます。

熱可塑性樹脂

熱可塑性樹脂は熱を加えると変形しやすくなる樹脂で、分子は長い鎖のような形をしていて、加熱により成形できます。
プラスチックといえば熱可塑性樹脂を指す場合が多いようです。

  • ABS樹脂
  • PC/ABS
  • PP(ポリプロピレン)
  • PE(ポリエチレン)
  • PS(ポリスチレン)
  • PMMA(アクリル)
  • PPE(ポリフェニレンエーテル)
  • PA(ナイロン/ポリアミド)
  • PC(ポリカーボネイト)
  • POM(ポリアセタール)
  • PBT(ポリブチレンテレフタレート)
  • PPS(ポリフェニレンサルファイド)
  • ETFE(フッ素樹脂)
  • エラストマー
  • SPS(シンジオタクチックポリスチレン)
  • PES(ポリエーテル・サルフォン)

熱硬化性樹脂

熱硬化性樹脂は熱を加えると固くなる性質があります。硬化した後に加熱しても硬さは殆ど変わりません。
分子の形は硬化後は網状となり丈夫です。

  • PF(フェノール樹脂)
  • MF(メラミン)
  • FRP(ガラス強化繊維プラスチック)

よくあるご質問

成形機クラスは何トンまでありますか? [工業部品部門]

圧縮成型機 26トン~450トン
射出成型機 20トン~550トン となります。
詳細につきましては、ホームページの「機械設備一覧」をご覧ください。

二色成形機はありますか? [工業部品部門]

残念ながら保有して居りません。

FRP巻き取りリールは直接販売して頂けるのですか? [工業部品部門]

直接販売は可能です。

お問い合わせ

  • ご入力
  • ご確認
  • 完了

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

  • ご入力
  • ご確認
  • 完了

内容にお間違いなければ送信ボタンを押してください。

お問い合わせ

  • ご入力
  • ご確認
  • 完了
御社名
役職
ご担当者様名
ご住所
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容

アクセス

Access

【本社】 〒381-0045 長野市桐原1-2-12
TEL:(026)243-1115(代)  FAX:(026)243-1520

【第二工場】 〒381-0045 長野市桐原2-4-1
TEL:(026)243-1118  FAX:(026)243-2011